ビエリデントアクアが虫歯に効くって本当?

自宅で手軽に歯を白くすることができると話題のビエリデントアクア(BielidentAqua)。
その人気ぶりは公式販売サイトでは売り切れが出てしまうほど。

そんなビエリデントアクアですが、ホワイトニング以外にも口内環境を整え、虫歯や歯周病の予防、歯肉炎といったのお口の中のあらゆるトラブルを防ぐ効果も期待できるとされています。

とはいえ、ビエリデントアクアはどのようなメカニズムでこういった口内のトラブルを防いでいるのでしょうか?
今回は、虫歯の原因と一緒にビエリデントの効果についてみていきましょう。

そもそも、虫歯って何?

生きていく上で日々の食事はとても大切であり、欠かせません。
しかし、虫歯は食事が原因で起こります。しっかりと歯を磨いていても虫歯ができてしまうという人も多いことでしょう。

でも、どうして念入りに歯を磨いているのに虫歯はできてしまうのでしょうか?
まずは、虫歯ができる理由とメカニズムについて見ていきましょう。

Wikipediaによると…

う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。

とされています。

虫歯は誰でも簡単に起こってしまう可能性のある一般的な病気といえます。
子どもの場合は歯の石灰度が低いので、特に虫歯になりやすいです。

虫歯になるメカニズム

さて、虫歯になる人もいれば、全く虫歯にならない人がいます。
この個人差は、口の中に虫歯菌が潜んでいるかどうかの影響が大きく関わってきます。

虫歯菌と一口に言っても、様々な種類があり、その中でも最も悪い菌をミュータンス菌といいます。
ミュータンス菌は生後10~36ヶ月くらいの間に親から感染すると言われています。

口の中にいる虫歯菌は歯の表面にあるバイオフィルムという膜に感染します。
バイオフィルムというのは、液体の中に個体が存在するとその表面に存在し、キッチンやお風呂などに発生するヌメリの正体でもあります。
このバイオフィルムの中で虫歯菌は、食べたり飲んだりした中の糖分を取り込み、酸として出します。この酸によって歯は溶かされ続けると虫歯になるのです。

しかし、通常は口の中にある唾液が虫歯菌の出す酸を中和し、脱灰された歯を修復して歯を守っています。
唾液による中和や再石灰化ができなくなると虫歯になるというわけですね。

虫歯の原因は?

さて、では次に虫歯の原因について見ていきましょう。

きちんと歯磨きができていない

自分ではしっかりと歯磨きができていると思っていても、実際は歯垢が残ってしまっている可能性があります。
歯垢が残っていると、食事の度に虫歯菌が大量の酸を出すので、唾液が酸を中和しきれずに虫歯になってしまいます。

この場合の解決方法としては、ドラッグストアなどで市販されている歯垢染め出し液を使ってチェックする事が有効的です。
一般的な歯ブラシだけでは歯垢は完全に取り除く事は難しいですが、デンタルフロスを併用すれば、多くの歯垢を取り除く事もできますよ。

そもそも、歯の質が弱い

歯の質が弱いと虫歯が出す酸にすぐに歯が溶かされ、虫歯になってしまいます。

この場合の解決方法としては、フッ素が効果的です。
フッ素は歯の質を強くする力があり、フッ素入りの歯磨き粉を使ってフッ素を塗り込むように歯を磨く事で、徐々に歯の質は強くなるんだとか。

唾液の量が少ない

唾液の量が少ないと、虫歯菌の出す酸を中和することができなかったり、再石灰化することができずに、虫歯になってしまう可能性があります。
特に、注意しなければならないのが、薬です。自律神経や高血圧の薬を飲み始めると、唾液の量が減ってしまいます。

この場合の解決方法としては、唾液腺マッサージや食後に100%のキシリトールガムを噛むなどして唾液の量を増やすようにすると効果的です。

唾液の力が弱い

唾液の量が正常であったとしても、その唾液の力が弱いと、虫歯菌の出す酸を中和したり、再石灰化することができずに、虫歯になってしまう可能性があります。
唾液の力を強めることはできないため、この場合の解決方法としては、唾液量を増やして質を量でカバーする事が効果的です。

口内の虫歯菌が多い

もともと、虫歯菌が口の中に多い人は虫歯菌が酸を出す量が多いため、虫歯になってしまいます。
特に、親から感染するといわれているミュータンス菌が多いか少ないかというのは歯科医院でも調べることができます。
ミュータンス菌には、フッ化第一スズが含まれているフッ素ジェル「ホームジェル」が効果的です。
キシリトールもミュータンス菌の活動を弱める効果が期待できます。

間食や甘い食べ物が好き

間食でよく口にされることの多いお菓子やジュースといった甘いものは虫歯菌が酸を作りやすい飲食物といえます。
これらを口にする回数が多いと、その分だけ虫歯菌が酸を出す回数も多くなり、唾液が酸を中和するスピードが酸の発生に追いつかなくなってしまいます。

この場合の解決方法としては、食事をできるだけ決まった時間に行ない、飲み物に関しても無糖のものに変えると効果的です。

詰め物の隙間から虫歯になる

歯の詰め物は5年ほどで劣化します。
この劣化した歯の詰め物の隙間から虫歯が発生しやすくなります。

特に、金属やプラスチック製の詰め物は劣化しやすいので、詰め物の素材をセラミックで治療すると劣化のスピードを遅くすることができます。

ビエリデントの虫歯に対する効果

ビエリデントアクアは口内環境を綺麗にし、虫歯を予防する効果があると言われています。
ビエリデントアクアの含まれている有効成分には、抗酸化作用のある成分が入っているので、口の中の菌が出す酸を中和しやすくし、虫歯菌や歯周病菌に対して効果があるのです。

また、虫歯菌の温床となる歯垢を付着しにくくし、ミュータンス菌を弱めるキシリトールも含まれているので、様々な虫歯の原因にアプローチすることができます。
ビエリデントアクアは製品一つで手軽に色々な虫歯の原因に対処することができるおすすめです。

まとめ

さて、ここまで虫歯の原因やビエリデントの虫歯に対する効果について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?
虫歯は、自分で気をつければ対策できるものと、自分で気をつけたとしても対策が難しいものがあります。

自分で防ぐ事が難しい場合は、歯科医院に通って予防することが必要となってきます。
とはいえ、手間やお金もかかってきますし、定期的に続けるということが難しいですよね。

そこでビエリデントアクアを普段から使って、虫歯菌に対して常にアプローチしておけば、虫歯になる確率は劇的に下がります。
虫歯は自然に治ることはないので予防が大切です。
ビエリデントアクアで口内を清潔に保ち、虫歯ができにくい環境にしておく事がよいでしょう。