ホワイトニングってなに?

1989年にアメリカ合衆国で実用化されたホワイトニング。
ホワイトニングとは歯に着色した汚れを漂白する技術のことを指します。

そもそも、ホワイトニングという技術が実用化されるまでは歯の内部に沈着した色を取り除くことが出来ず表面にある汚れのみの対処や被せものをして隠してしまうような対策しか出来ませんでした。
これがホワイトニングの普及により歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白できるようになりました。

※漂白だけでなく歯の表面のステインを落とすだけでもホワイトニングという言葉が使われることもあります。

ホワイトニングにはどんなものがあるの?

歯医者で施術してもらえるホワイトニングはホワイトニングという言葉の意味通り、歯に沈着した色素を漂白するホワイトニングです。過酸化水素や過酸化尿素を使います。左記の薬剤については漂白力が高く歯医者さんでしか取り扱いが出来ません。

逆に歯医者さんでしか取り扱えない過酸化水素を取り扱わず、表面のステインを落とすホワイトニングがセルフホワイトニングといいます。

歯医者で行うホワイトニング

  • オフィスホワイトニング
    →高濃度の過酸化水素が主成分のホワイトニングを歯医者さんで行ってもらうことをオフィスホワイトニングといいます。
  • ホームホワイトニング
    →歯医者さんから提供された過酸化尿素を主成分としたホワイトニングキットを使用し、自分で施術を行うのがホームホワイトニングといいます。
  • デュアルホワイトニング
    →オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したもの。歯医者さんでも施術してもらいますし、自身でも施術を行います。

自分で行うホワイトニング

  • セルフホワイトニング
    →歯医者さんの在籍したないホワイトニングサロンにて自分で施術を行うことをセルフホワイトニングといいます。前述したように法的に過酸化水素の薬剤は使用できません。漂白をしないホワイトニングを自身で施術する内容となります。

ホワイトニングの種類と価格

では、上記で紹介したそれぞれのホワイトニングの詳細についてみていきましょう。

オフィスホワイトニング

歯医者さんにお任せして短時間でホワイトニング

歯医者さんで行うオフィスホワイトニングはしっかりした設備の元施術が受けられるため短時間で効果を得ることが出来ます。高濃度の過酸化水素を扱える上にライトを使用して効果を高めることも出来る。カウンセリングから歯のチェックとクリーニング、施術まですべて歯医者さんに委ねることが出来るので非常に安心です。

短時間で白さを実感するホワイトニングを受ける事が可能ですが、白さが戻るのが早いのが特徴となります。

メリット

  • 歯医者による施術の安心感とすべてお任せ出来る環境設備
  • ホワイトニング前に歯のチェックをしっかり行える
  • 歯医者の施術のため綺麗に仕上げることが出来る

デメリット

  • 高濃度の薬剤を使用するため痛みが生じることがある
  • 知覚過敏の危険性
  • 後戻りが早い(半年~10ヶ月程度と言われています)
  • 費用が高い

期間と費用

  • 1回1時間程度
  • 50,000~15,0000円

ホームホワイトニング

自分でじっくり行うホワイトニング

マウスピースなどの施術用具や薬剤は歯医者さんから提供されますし、ネット通販で販売されているキットを使用します。薬剤に関しては歯医者さんの施術ではないため、オフィスホワイトニングで使用される過酸化水素ではなく過酸化尿素を使用しています。

過酸化尿素は低濃度の過酸化水素に分解されるものです。毎日薬剤を塗布したマウスピースを装着するため時間と手間がかかります。毎日徐々に薬剤を浸透させる内容のため自然な白さに仕上げることが出来、効果も大きく感じることが出来ます。

メリット

  • 自然な白さを体現出来る
  • 薬剤の刺激や痛みが少なく知覚過敏の危険性も低い
  • 後戻りしにくい
  • 価格がリーズナブル
  • 自分での施術まで自分の好みまで継続出来る

デメリット

  • 毎日行わないとならない
  • 時間と手間がかかる
  • 食事制限がある
  • 歯医者さんを利用しないため事前の歯のクリーニングはない
  • 自分で行うため、ムラが出る可能性がある

期間と費用

  • 毎日2時間で2週間程度の継続が必要
  • 30,000~15,0000円

デュアルホワイトニング

白さが一番長持ちするデュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用し、相互のメリット・デメリットを補いあうため良いとこ取りのホワイトニング

オフィスホワイトニングで歯を白くした後に自分でアフターフォローを行うものです。継続して自分でも施術を行うため後戻りしにくいことはもちろん、オフィスホワイトニングで白くした歯に再度薬剤をじっくり浸透させていくため、より白さアップさせることも出来ます。

メリット

  • 後戻りしにくい
  • 最も白くなりやすい

デメリット

  • 痛みが出ることがある
  • 費用がかかる
  • 食事制限がある
  • 手間と時間がかかる

期間と費用

  • 2週間程度
  • 60,000~80,000円

セルフホワイトニング

お手軽にホワイトニングが始められるセルフホワイトニング

セルフホワイトニングはその名の通り歯医者に施術を行ってもらわないため薬剤は使えません。主な薬剤は市販のホワイトニング歯磨き粉などにも使用されるポリリン酸。漂白ではなく歯の表面のステインを落とすことが主体となり、歯のステインが内部に沈着しないためのメンテナンスが主体となります。

メリット

  • 痛みが少ない
  • 食事制限がない
  • ステインを落とすことが出来る
  • 費用が安い

デメリット

  • 通院と自分で施術のため手間がかかる
  • 沈着した汚れの漂白は出来ない

期間と費用

  • 1時間程度
  • 3,000~5,000円

まとめ

さて、ここまでホワイトニングの種類とメリットデメリットについて記載してきましたがいかがでしょうか?
ホワイトニングには4種類あり、それぞれ特徴があります。時間と手間をかければ効果も持続性も得られるものになりますが、どのホワイトングが一番でどれが良くないといったものではありませんでしたね。

最適なホワイトニング選びにはご自身の歯の状態や理想像と照らし合わせ、ライフスタイルともマッチングした手法を選んで頂ければと思います。
上記には細かく記載しておりませんがまずは歯の状態を整えることもホワイトニングにとって重要な要素なようです。

歯の健康を保つことにも意識を向けて、歯のクリーニングから始めてみるのも良いかもしれません。