バストアップに効果的な食べ物とは?

あなたは、バストに悩みをお持ちですか?
バストに関しては、大きさや形に関する悩みが多くみられますよね。

特に貧乳に悩む方はどんな方法でバストアップを目指していますか?
サプリやジェルにはお金が掛かるし、マッサージや筋トレってすぐ効果が出なくて続かない・・・
そんな方も少なからずいるのでは?

そこで今回は普段の食事から取り入れられる、バストアップに効果的な食べ物をご紹介していきたいと思います!

バストアップの仕組み

そもそもバストはどのように発達していくのでしょうか?

まず知るべきはその仕組み。
バストを構成する重要な組織は、クーパー靭帯、乳腺、脂肪の3つです。

クーパー靭帯

クーパー靭帯とは一言でいえば、バストを支える組織です。
乳腺と大胸筋、皮膚を繋いでいるコラーゲン組織であり、ふわっとした綺麗なバストを保つサポートをしてくれています。

クーパー靭帯はバストの動きによって切れたり伸びたりしてしまうもので、そうなるとバストの下垂や型崩れが引き起こされてしまいます。

重要なのは、クーパー靭帯が一度切れたり伸びたりしてしまうと再生不可能な組織であること。
クーパー靭帯を守ることはハリのある綺麗なバストを保ち続ける秘訣なのです。

乳腺

乳腺は母乳をつくる女性にとって大事な腺組織で、乳房の中に張り巡らされています。

そして、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンの働きによって、増加し、発達していきます。

脂肪

バストの脂肪は乳腺脂肪と呼ばれ、バストの大きさそのものになっているといってもいいでしょう。
乳腺を囲むように脂肪はついていくため、乳腺が多く、発達しているほど乳腺脂肪もつくのです。

もうお気づきの方もいるかもしれませんね!
バストアップの秘訣は、ずばり乳腺を増加・発達させて、その周りに乳腺脂肪をつけること!

つまり、乳腺の増加・発達に影響を与える女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌を促進させることが胸を大きくすること方法になるのです!

バストアップに効果的な食べ物

バストアップの仕組みがわかったところで、バストアップに効果的な食べ物について、いくつかみていきましょう。

バストアップのポイントは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌を促進させることですよ!

良質なたんぱく質

たんぱく質は内臓や皮膚、筋肉などをつくる、人の体には欠かせない栄養素です。
女性ホルモンを分泌する卵巣細胞もたんぱく質によってつくられているので、たんぱく質を摂取することはきちんと女性ホルモンを分泌することに効果があります。

良質なたんぱく質は、魚や肉、卵や大豆製品に多く含まれています。
中でも大豆に含まれる「大豆イソフラボン」はエストロゲンと同じような働きをもっています。

そう考えると低カロリーで高たんぱく質な大豆製品はバストアップだけでなく、綺麗なボディラインを目指すには効果的な食べ物ですね!

ビタミンB6

ビタミンB6はエストロゲンの代謝を促進する作用があります。

バストアップに効果があるだけでなく、ホルモンバランスも整えてくれるので、月経前症候群(PMS)の症状を抑えてくれる働きもあるのです。
女性にとって心強いビタミンの1つですね。

ビタミンB6は、主にマグロ・カツオ・サンマといった魚や、牛・豚・鶏のレバー肉、大豆に多く含まれています。
魚や肉、大豆からは良質なたんぱく質も摂取できるので、バストアップには一石二鳥の効果かも・・・!

ビタミンE

女性ホルモンをサポートしてくれるのはビタミンB6だけではありません。
ビタミンEはプロゲステロンの材料にもなる栄養素で、さらに卵巣や脳下垂体に作用し、女性ホルモンのバランスを整えてくれる役割を持ちます。

ビタミンEは、主にかぼちゃやアボカド、ほうれん草などの緑黄色野菜、アーモンドなどのナッツ類、たらこやうなぎなどの魚介類に含まれています。

バストアップに効果のあるレシピとは?

女性ホルモンの分泌をサポートして、バストアップに効果をもたらす食べ物がわかったところで、朝食や軽食にぴったりなレシピをご紹介します!

とっても簡単なのでバストアップを目指している方は、ぜひ作ってみてください。

かぼちゃのポタージュ

  1. かぼちゃ(200g)は種とわたを取り除き、薄切りにする。玉ねぎ(半個)も同様に薄切りにする。
  2. バター(少々)を鍋で溶かし、玉ねぎを透明になるまで炒めたら、かぼちゃと固形スープの素、水1カップを加え、かぼちゃが柔らかくなるまで弱火で煮る。
  3. 牛乳(1カップ)を加え、塩こしょう(少々)で味を調整する。

マグロとアボカドのサラダ

  1. マグロ(200g)をぶつ切りにして、しょう油(大さじ2)とみりん(小さじ1/2)で浸し、冷蔵庫で30分程度漬け込んでおく。
  2. アボカドは皮をむいて、マグロと同じ大きさに切り、軽く塩こしょうをふっておく。
  3. マグロとアボカドを和えて、オリーブオイルを回しかける。

ここまでバストアップに効果的な食べ物についてお話しましたが、いかがでしたか?

お金や時間をかけなくても、普段の食事からバストアップ効果を得られるのは嬉しいですよね!
ご紹介した食べ物をしっかり取り入れながら、バランスの良い食事を心掛けて、バストアップを目指しましょう!

女子ハックおすすめのナイトブラ

TIA NIGHT - ティアナイト

【ティアナイトの4つの特徴】

  1. 背中のお肉をバストに誘導
    幅広設計で、背中から脇にかけて流れてしまったお肉をしっかりキャッチし、バストへと誘導。背中はすっきり、バストはふっくら。
  2. 脇への横流れをしっかりガード
    1日のうちの3分の1は睡眠時間。寝ているときは、横向き・上向きの様々な方向からの重力にさらされます。バストの動きを抑えることでクーパー靭帯を守り、横流れするバストをしっかりガード。
  3. 丸みのあるバストへと補正
    脂肪は形が変わりやすく、形状記憶の性質があります。胸を中心に寄せて正しい理想的な位置に固定することで、サイドにも広がりにくく、美しい丸みのあるバストへ。
  4. 大胸筋を鍛えバストを支える
    バストのふくらみの土台である大胸筋を増やすことで、胸をしっかり持ち上げてデコルテからふっくらバストへ。