インヴェールクリームで極度の乾燥肌も生まれ変わる!

現代を生きる女性の肌は様々な要因によって酷使され、ダメージを受けやすくあります。
強力な紫外線、エアコン使用頻度の増加、家事や仕事のストレス、不規則な生活習慣などなど…
さらに、加齢によってお肌はどんどん老化していきます。

このように様々な原因によってうるおいを失った極度の乾燥肌“インナードライ肌”を「インヴェールクリーム」が解決します。
使い続けることで徹底ケアして刺激に負けない憧れの美肌へと導けるように、こだわり抜いた成分が配合されています。

皮脂や乾燥、肌荒れなどすべての肌トラブルに対してきちんとケアしてくるので、「インヴェールクリーム」はどなたでも安心してお使いできるスキンケアクリームです。

インナードライ肌とは?

「乾燥肌なのに、皮脂でテカテカになるときがあります」なんて方、いらっしゃいませんか?

お肌の水分量が少なくなったとき、それ以上の乾燥を防ごうとバリア機能を高めるために皮脂が過剰に分泌されることがあります。

それが上記の症状。
お肌の状態は「インナードライ肌」(乾燥性脂性肌)といいます。

インナードライとはお肌の角質層が乾燥している状態。
角質層は表皮のうち最外層にある組織で、外部刺激から肌を守る「バリア機能」と肌内部の水分を維持する「保湿機能」の役割を担っています。

表面の皮膚は雑菌や細菌、紫外線などの外部刺激に常にさらされていますが、角質層は含んでいる水分でそれらの刺激を和らげ、侵入を防ぎ、肌を守っているのです。

さらに角質層の表面には、皮脂と汗によって構成された皮脂膜が覆っています。
皮脂膜もまた外部刺激から肌を守る役割と角質層の水分の蒸発を防ぐ役割を担っているのです。

しかし、角質細胞が未熟であったり、剥がれたりしてしまうと水分を保つことができなくなり、乾燥が進んでいきます。
その結果、バリア機能が低下して少しの刺激にも反応してしまう敏感肌となるだけでなく、そのような弱ったお肌をどうにか守ろうと皮脂が過剰に分泌されるのです。

これが「インナードライ肌」の仕組みです。

皮脂対策は逆効果

お肌がテカテカになってしまうインナードライ肌になると、どうしても皮脂に意識を向けがちになり、乾燥対策ではなく、皮脂対策に注力してしまいがちです。

しかし、先程説明した通り、お肌をテカテカにする皮脂は乾燥からお肌を守ろうと分泌されているので、そこであぶらとり紙や洗顔で皮脂を失ってしまうと乾燥が悪化するばかり。

お肌の乾燥が悪化した結果、時間が経つとまたバリア機能を高めようと皮脂が過剰に分泌されるようになり、いたちごっこの状態となり、改善に向かうことはありません。

インナードライ肌の改善は乾燥対策

以上のことを踏まえるとインナードライ肌を改善するには、皮脂対策をせずに乾燥対策を徹底することが重要になります。

あぶらとり紙の使用は避け、洗顔も回数を制限し、やさしく済ませるように心がけましょう!

インナードライ肌を生まれ変わらせる「インヴェールクリーム」

さて、あぶらとり紙や洗顔を制限し、乾燥対策を行って終わりではありません!
水分量が減ってしまったお肌にうるおいを与えてあげる必要があります。

そこであなたをサポートしてくれるのが「インヴェールクリーム」です。

ここから気になる「インヴェールクリーム」の配合成分と効果をみていきましょう。

インヴェールクリームの配合成分

水、DPG、オクテニルコハク酸デンプンAl、BG、グリセリン、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、パルミチン酸セチル、ジメチコン、スクワラン、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、ビワ葉エキス、ハトムギ種子エキス、アーチチョーク葉エキス、キハダ樹皮エキス、フィトスフィンゴシン、ポリグルタミン酸、クレイミネラルズ、エチルヘキサン酸セチル、ナイロン-10/10、セチルリン酸K、水添レシチン、ステアリン酸PEG-100、ステアリン酸グリセリル、テトライソステアリン酸スクロース、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、キサンタンガム、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ヒドロキシエチルセルロース、ラウロイルラクチレートNa、メントール、コレステロール、カルボマー、フェノキシエタノール

公式サイトで公表されているインヴェールクリームの配合成分です。
インヴェールクリームの肌質改善効果を大きく担う主成分をピックアップして、その効果をご紹介していきますね!

人型ナノセラミドと米ぬか発酵エキス

上記で角質層が肌内部の水分を維持していると説明しましたが、さらにいうとその水分を繋ぎとめているのは「セラミド」という成分です。

つまり、乾燥肌というのはこのセラミドが不足している状態にあるということ。

インヴェールクリームはこのお肌のセラミド不足を補うべく、3種類のセラミドを配合しているのですが、単にセラミドを配合しているだけではありません。

セラミドのうち、保湿力が高く、肌により負担の少ない「ヒト型セラミド」を使用している他、さらにその「ヒト型セラミド」が角質層までしっかり浸透するようにナノ化して配合しています。

さらに、インヴェールクリームはセラミドを「与える」だけに留まりません。

インヴェールクリームはセラミド生産のサポートをする米ぬか発酵エキスを配合することで、肌自らのセラミド生成力を向上させ、そのうるおいを守るポリグルタミン酸でバリア機能を高める設計になっています。

これにより、お肌のうるおいサイクルがつくられ、複雑な肌状態である「インナードライ肌」の改善に導くのです。

皮脂を吸着するアロフェンを独自配合

インナードライ肌はお肌を守るために皮脂が過剰に分泌される特徴があり、お肌のバリア機能を高める皮脂を失わないように皮脂対策は避けるようにお話しましたよね。

しかし、過剰に分泌された皮脂はスキンケアを行う上では問題になります。
なぜなら、過剰な分泌で厚くなった皮脂膜によってスキンケア成分が浸透しにくくなるからです。

インヴェールクリームはその問題を解決すべく、皮脂吸着成分アロフェンを独自配合しています。

アロフェンとは火山灰を主とする土壌から抽出される成分で、インヴェールクリーム配合のアロフェンは過剰に分泌された皮脂だけを吸着し、スキンケア成分の浸透率を高める効果があります。

決してバリア機能を低下させず、表面の皮脂をコントロールしてくれるので、顔がテカテカになることもなく、化粧のりを良くしてくれる効果もあります。

自然由来成分を配合「無添加」へのこだわり

インナードライ肌は水分不足で外部からの刺激にさらされている敏感肌でもあります。
そのため、化粧品に含まれる成分にも過剰に反応してしまう可能性もあるのです。

だからこそインヴェールクリームには肌に不要なものは一切配合されておらず、肌にやさしい自然由来の成分が配合されています。
その配合率は実に90%以上。

敏感肌の方はもちろん、アレルギーなどでお肌の弱い方も安心して毎日使い続けることができるのです。

しかも配合されている自然由来成分は、保湿効果のあるものだけではありません。
肌の引き締め効果のあるオウバクエキスやアーチチョーク葉エキス、抗菌・消炎作用のあるハトムギ種子エキスや白ビワ葉エキスなど、インナードライ肌を普通肌に、普通肌を美肌にもっていく力がインヴェールクリームにはあるのです。

いかがですか?
インナードライ肌はそのままにしておくと、乾燥に歯止めが効かず、毛穴の開きやシワ・シミ・くすみなどの老化肌にどんどん近づいていくことになります。

乾燥対策とインヴェールクリームを使ったスキンケアで、インナードライ肌を卒業し、綺麗なお肌で自信を持ちませんか?