ナイトブラとスポーツブラの誤った使い方!その違いとは? – てんちむ監修「モテフィット」がおすすめ!

あなたは、ナイトブラとスポーツブラの使い分けできていますか?
どちらもノンワイヤーで伸縮性がよい素材を使って作られていることが多いため、睡眠時にスポーツブラを代用するなど、誤った使い方をしている方いらっしゃるのでは・・・?

でも、それってあなたのバストにマイナスな影響を与えているかも・・・

そこで今回はナイトブラとスポーツブラの違いについてお話したいと思います!

ブラジャーの役割

ナイトブラとスポーツブラの違いについてお話する前に、まず重要なのは、ブラジャーがバストに対してどのような役割を持っているかということです。

普段何気なく着用していたかと思いますが、ブラジャーには大きく2つの役割があります。

  • クーパー靭帯を守る
  • 脂肪が流れないように固定する

この2つの役割を踏まえた上で、バストの構造についてみていきましょう。

バストの構造

バストを構成しているのは主にクーパー靭帯、乳腺、脂肪の3つ。

中でもクーパー靭帯は乳腺・筋肉と繋がっているコラーゲン組織で、バストの形を上向きにキレイに保つことにおいて重要な役割をもっています。
バストの9割を占める脂肪は乳腺を守るようにつくので、クーパー靭帯は脂肪ごとバストを支えている訳です。

しかし、クーパー靭帯は日々の生活におけるバストの動きによって伸びたり切れたりするほど繊細な上、損傷を受けると再生不可能な組織でできています。

そのため、クーパー靭帯が傷つくとバストはハリを保てなくなり、型崩れを起こしてしまうのです。

脂肪の性質

脂肪は形状記憶の性質をもつので、しっかりと固定しておけば、形を保つことが可能です。
しかし、一方で流動性があるため、固定する力が甘いと、流れていきやすい組織でもあります。

つまり、ブラジャーはクーパー靭帯の損傷を防ぎ、脂肪をしっかり固定することでキレイなバストを維持する役目を担っているのです。

バストの動きについて

日々、生活を送る中で、バストも当然重力の影響を受けています。
そして、あなたの立つ・寝る・走る・跳ぶといった動きでバストは様々な方向に揺れ動きます。

そのバストの揺れを防ぎ、クーパー靭帯の損傷と脂肪の流動を防ぐのがブラジャーの役割だということが先程分かりましたよね!

それでは、ナイトブラ・スポーツブラなど、ブラジャーにいくつか種類があるのは何故なのでしょうか?

その理由は睡眠時・運動時それぞれにおけるバストの動きに違いがあるため。

さて、それぞれのバストの動きにはどんな特徴があるのでしょうか?

睡眠中のバストの動き

人が睡眠中にとる体勢として、主に仰向け・うつ伏せ・横向きの3つのスタイルがあります。
バストの状態は、その3つのスタイルごとに異なります。

  • 仰向けで寝ている場合:上方向または横方向に動き流された状態
  • うつ伏せの場合:体重によって押し潰された状態
  • 横向きの場合:横方向(体を下に向けている方向)に動き流された状態

このように睡眠中のバストは、寝る姿勢によってあらゆる方向に流されてしまいます。
特に睡眠中は長時間その状態が続くために、クーパー靭帯が伸びきってしまう危険性もあり、睡眠中のバストは型崩れを起こしやすい状態にあります。

運動中のバストの動き

運動をする中で、種目によって様々な動きをしますよね。

それに合わせて当然バストも様々な方向に動くのですが、特に上下方向の動きが多くなります。
しかも、睡眠中に比べて運動中のバストは激しく揺さぶられる状態になっているのです。
激しく揺さぶられた脂肪に引っ張られてクーパー靭帯も伸びたり切れたりしてしまいます。

ナイトブラ・スポーツブラの役割・機能の違い

バストの動きに睡眠中と運動中では違いがあることがわかりましたね!
バストの動きに違いがあれば、ナイトブラとスポーツブラに違いが生まれ、様々な種類のブラジャーが必要であることも当然という訳です。

では、実際にナイトブラとスポーツブラの役割や機能においてどんな違いがあるのか見ていきましょう。

ナイトブラの役割・機能

ナイトブラの役割は、ずばり、「バストの下垂や横流れによる型崩れを防ぎ、綺麗な形を形成する」こと。

睡眠中にどのような姿勢を取ったとしても、バストの脂肪があらゆる方向に流されていかないように、大きめのカップでしっかりとホールドしてくれます。バストが動かないよう作用するので、クーパー靭帯が傷つけられることもありません。

また、型崩れを起こさないようにするだけでなく、背中や脇の脂肪をキャッチし、バストが正しい位置で固定されるようなつくりになっているので、バストアップや綺麗に形成することも叶えてくれるのです。

そして、ナイトブラの機能の中で重要なのが、睡眠を妨げないことです。
締め付け感が強すぎて、リラックスできず、睡眠を邪魔してしまうようでは、体の調子を崩してしまう可能性があります。

そのため、ナイトブラはノンワイヤーで肌触りの良い生地が使われることが多く、バストを動きによるダメージから守りながらも、着心地よく睡眠中のサポートをすることが特徴なのです。

スポーツブラの役割・機能

一方、スポーツブラの役割は、ずばり、「バストを激しい揺れから守る」こと。

先程もお話したように、運動中のバストは睡眠中よりも激しく揺さぶられるので、スポーツブラにはバストをがっちりとホールドし、上下方向の揺れや動きを防ぐ役割があります。
激しい動きの中でも脂肪が流れることもなく、クーパー靭帯が傷つくことも防いでくれるのです。

ナイトブラにもホールド力はありますが、スポーツブラはより強くバストをホールドするつくりになっているので、少し締め付け感もありますが、ぴたっと体にフィットし、バストの揺れを気にせず快適に運動を行えるようにサポートしてくれます。

また、スポーツブラは運動に特化していることもあって、動きに制限を加えたり、バスト周りの肌を傷つけたりしないように、ノンワイヤーで作られています。

ブラジャーの役割・機能で使い分ける

ナイトブラとスポーツブラの違い、お分かりいただけましたか?

睡眠時にスポーツブラを着用してしまうと、締め付け感が強く、睡眠を妨げる原因になってしまいますよ。
時には肩こりの原因にもなります。

何より、スポーツブラには横方向に流れるバストをサポートする機能はないので、バストの脂肪が背中や脇に流れ、バストの型崩れやサイズダウンを起こしかねません。

一方、運動時にナイトブラを着用してしまうと、スポーツブラ程のホールド力がないため、激しく揺さぶられるバストをサポートすることはできません。

バストの下垂や型崩れを起こすだけでなく、激しい揺れによって痛みを引き起こすこともあるので、快適に運動することもできなくなりますよ。

つくりが似ているからといって、代用してしまうと、あなたのバストはどんどん悪影響を受けて崩れていってしまいます。
誤った使い方をせず、適切にナイトブラとスポーツブラを着用して、正しいバストケアを行うことを心掛けましょう!

女子ハックおすすめのナイトブラ

Mote Fit(モテフィット)

【Aカップ女子にこそおすすめしたい】

理想のバストをつくる5つのポイント

  1. ノンワイヤーだから痛くない
    ノンワイヤーなので、寝返りを打っても痛くありません!
  2. サイズ調整でピッタリフィット
    肩紐で簡単にサイズ調整できるため、圧迫感も解消されます!
  3. 持ち上げて丸みのあるバストに
    着圧機能がバストの垂れを防ぎ、上向くの美しいバストラインへ整えます。
  4. 背中と脇下の脂肪をぎゅっと
    背中と脇下の着圧感を強化し、離れ胸対策もバッチリ!
  5. 柔らかな質感のパッドつき
    厚みのしっかりしたパッドでバストを優しく包みます。