桜田ひよりさんのメイク方法とは?

5歳で芸能活動をはじめ、15歳となった現在、芸能生活10年目を迎える桜田ひよりさん。

芦田愛菜さん主演で2014年放送された日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」にて、児童養護施設で育つ子どもの一人を演じたことをきっかけに、脚光を浴びました。

そこから数々のドラマや映画に出演され、2018年に公開された阿部寛さんが主演を務めた映画「祈りの幕が下りる時」の舞台挨拶時には豪華共演者から演技を絶賛されたということもあり、15歳ながらにすでに演技派女優への道を歩み始めていることを感じられますね。

今回はそんな桜田ひよりさんのメイク方法について調べてみました。

桜田ひよりさんのプロフィール

プロフィール

日本の女優(研音所属)
旧芸名:成田ひより(元クラージュ・キッズ所属)
身長:158 cm

生年月日:2002年12月19日 (年齢 15歳)
生まれ:千葉県
趣味:ぬいぐるみ集め

5歳で子役デビューした桜田ひよりさん。
インタビュー記事によると、芸能界に興味を持ったのは幼稚園年中組のときだったそう。
最初はモデル事務所で活動されていたそうですが、かねてから女優志望だったことから研音のオーディションを経て、見事子役デビューを果たしました。

幼い頃から女優志望ということでオーディションに落ち続けても自分の力を信じて突き進んできた桜田ひよりさんだからこそ、共演者からの演技力への評価を高いみたいです。

映画「祈りの幕が下りる時」で共演した松嶋菜々子さんからは「感受性がすごい」「これからが楽しみな女優さん」というコメントがあったとか。
同じく共演者である溝端淳平さんからは「泣いているシーンが天才的」といったコメントをされたそうです。

キャリアある俳優の方々や出演した作品の監督からも演技力を認められている桜田ひよりさんは、次世代ブレイク女優の一人として注目を集めています。

桜田ひよりさんのメイク方法

桜田ひよりさんのメイク方法ですが、中学生を卒業し、高校生になったばかりということもあって情報はほとんどありませんでした。

桜田ひよりさん自身はメイク研究をされているようで、中学生のときから自分でメイクをすることがあったようで、ヘアメイクの方におすすめの化粧品を教えてもらっていたそうです。

まだ学生役も多く、すっぴんに近いメイクが多いのかなという印象ですが、桜田ひよりさん風のメイクを目指す場合は涙袋とぷっくり唇をつくるメイクを習得するといいですよ!

涙袋をメイクでつくる

涙袋があると以下のような印象を与えることができるようです!

  • 目がぱっちり大きく見えることで、可愛さが増す
  • うるんだ瞳で色っぽく見える
  • 目元に立体感が出ることで、若々しく見える
  • 女性らしい優しげな目元になる

桜田ひよりさんの可愛らしさと時折大人の色っぽさが感じられるのは涙袋が大きなポイントになっているかもしれません。

絶大な女子力を発揮する涙袋のつくり方ですが、まずアイライナーで涙袋の線をなぞりましょう。
黒のアイライナーではなく、肌馴染みの良いブラウン系のアイライナーを使うと仕上がりがよくなりますよ!

次にその線の境目を綿棒でぼかし、不自然さを消していきます。

そして、下まつ毛とラインの間にアイシャドウのハイライトカラーを入れるとぷっくりとした立体感を演出した涙袋が完成です!

ラメ入りのアイシャドウを使うと、目元にうるうる感を出せるのでおすすめです!

ぷっくり唇をつくる

リップメイクをする際は、普通、口紅からリップグロスの順番でのせていくと思うのですが、実はぷっくり唇をつくる際はその順番を入れ替えることがポイントになることをご存知でしたか?

では、実際にその順番で行うリップメイクを見ていきます。

まずは唇全体にフェイスパウダーをのせて、口元全体の血色を消していきます。

次にリップグロスを唇全体に塗っていきましょう!
ぷっくり唇をつくる際は、ここでリップラインよりも少しだけオーバーに塗るのが重要ですよ!

最後に口紅を上唇と下唇の中央部分のみに塗り、指の腹で軽くたたくように唇全体に馴染ませていくとぷっくり唇の完成です!

いかがでしたか?
今のところ、桜田ひよりさんといったらこのメイク!といった情報はありませんでしたが、これから大人の女性として成長されていくのが楽しみですね。

また、可愛らしさもありつつ色気も出したいという方は、桜田ひよりさん風メイクを習得して涙袋とぷっくり唇をつくってみてくださいね!

女子ハックおすすめの化粧下地

自分に合う化粧下地が見つからないという方におすすめなのが「ツルハダプレミアムカバー」。

肌質を気にせず、どんな年齢層の方にも、その人に合わせてお肌をつくってくれる非常に美容効果の高い化粧下地です!

ツル肌プレミアムカバー

乾燥肌や混合肌、混合肌など、人それぞれ異なるどんな肌質に対してもカバー力を発揮する化粧下地。

毛穴やテカりを抑え、一日化粧くずれを起こさない仕上がりをつくります。

お肌をカバーする効果があるだけでなく、保湿成分や肌の水分バランスや皮脂をコントロールする効果もあります。